家系図の活用法とは?

家系図を作成することにはどんな意味があるのでしょうか?正直言って、役立たない理由を探すほうが難しいです。。ありとあらゆる場面で活用できるのが家系図の魅力かも知れません。

たくさんの活用法がある中で、ここでは特に人気の高い活用法を5つにまとめてみました。

自分のルーツを知ることができる

「自分がどうしてここに存在しているのか?」少し哲学的な話になるかもしれませんが、一度くらいは考えたことがあるのではないでしょうか?欧米諸国では、自分のご先祖様を辿ると色々な人種との関係性も深いため、自分のルーツ探しはとても人気が高く、ライフワークと捉えている人もたくさんいます。

自分をさかのぼることで今まで知らなかった自分に出会えるかもしれません。

ご先祖様の供養ができる

お盆に里帰りし、お墓参りをすることは日本によくある光景です。その時すべてのご先祖様をひとくくりにしていませんでしょうか?形式だけのお墓参りより、一人一人のご先祖様をより身近に感じられるお墓参りのほうが意味のあるものだと思います。

現在のあなたにまで家系を繋いできた一人一人に感謝し、あなたのご先祖様をしっかりと供養することができます。

次世代へ家の歴史を伝えることができる

あなたが作る家系図は、ご先祖様探しだけでは終わりません。あなたの次の世代へと伝える大事な家の歴史となります。今当たり前に思っている身内の情報も、これからの時代とともに忘れられていくものです。記録に残しておくことは、未来の子孫へのメッセージになります。

家の歴史を知って育つのと、知らないで育つのでは、家に対する想いが全然違ってきます。家系図は過去と未来を繋ぐ役割も果たしてくれるのです。

親戚との絆を深めることができる

家系図を作成すると、親戚との距離をより近く感じることができます。それは線と線で繋がれた一族としての意識が高まるからです。親戚一同が集まる時などでは、家系図が会話を盛り上げてくれる一つのツールとして活躍してくれます。

あなたが作成した家系図は、あなただけのものではなく、親戚の人から見ても自分のご先祖様を知れる嬉しい資料になります。同じ先祖に想いを馳せ、親戚付き合いを円滑なものにすることができます。

相続関係がスムーズに進められる

家系図は遺産相続の時にも役に立ちます。

「遺産相続」と言われてもピンとこないかもしれませんが、亡くなった人との関係性で、誰がどれだけ相続するのかが決まってきます。祖父の兄弟は何人いるのだろ?優先順位はどうなっているの?孫でも相続できるようになるの?など、身内の関係性を理解することで、スムーズに手続きを進めることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク